Suicaで新幹線・その2 – 「研究日誌」20180127

1月25日、以前の記事でも紹介した「タッチでGO! 新幹線」の詳細が発表されました

「タッチでGo! 新幹線」ではSuica等のICカード乗車券を用いて、新幹線普通車自由席に乗車できるサービスです。

予め自動券売機(Apple Pay及びモバイルSuicaはチャージ専用機)で利用登録をすることで、利用が可能になります。

なお、このサービスは特別企画乗車券のような扱いで、新幹線と在来線を乗り継ぐ場合でも運賃は全乗車区間の営業キロに対するものではなく、それぞれ別々で計算されます。
(例:品川[東海道本線]東京[東北新幹線]那須塩原[東北本線]黒磯 と乗車する場合、品川〜東京のIC運賃、東京〜那須塩原の「タッチでGo! 新幹線」料金、那須塩原〜黒磯のIC運賃がそれぞれ改札通過時に引き去られる)

また、Suica FREX定期券を利用する場合は定期券区間外区間分の「タッチでGo! 新幹線」料金が、新幹線停車駅を2駅以上含むSuica定期券では「Suica定期券用新幹線特急料金」と定期券区間外区間分の「タッチでGo! 新幹線」料金の合算と、全乗車区間に対する「タッチでGo! 新幹線」料金を比べ、安い方が適応されるようです。

4月1日のサービス開始からしばらくの間は、通常料金よりも最大240円割引になる特別料金が適応されるようですが、在来線と新幹線を通しで乗る場合は本サービスではなく紙のきっぷを購入した方が結果的に割安になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA