奥羽本線弘前駅-青森駅間における東日本式拠点型ATS-P(拠点P)の整備状況

(以下、全て2021年6月27日現在の情報です。)

JR東日本は日本海縦貫線水上駅以北(水上 – 宮内 – 新津 – 新潟 – 新発田・新津 – 水原 – 新発田 – 秋田 – 青森)において、駅構内及び周辺1閉塞のみATS-Pとする東日本式拠点P(個人的につけた名前です)を整備している。

このうちの奥羽本線弘前駅 – 青森駅間について、先日調査してきたのでその内容について記述する。


奥羽本線弘前駅 – 青森駅間のATS-P整備状況

停車場 上り線 下り線

備考

弘前駅

     

(標識無)

(標識無)  

撫牛子駅

     

上出外P→S×
(五能線用?)

上出P→S×

1閉S→P×

五能線側の下り場内信号機近辺にもS→P及びP→S標識設置あり(使用停止中)。

川部駅

     

1閉S→P×
下場裏P→S×

1閉P→S×?
(S→P未設置?)

 

北常盤駅

     

1閉S→P×
下場裏P→S×

上場裏P→S×
1閉S→P×

 

浪岡駅

     

1閉S→P×
3閉P→S

上場裏P→S×
1閉S→P

下り線のP→S及びS→P切り替え位置不明。再調査対象。

大釈迦駅

     

2閉S→P
3閉P→S

4閉P→S
2閉S→P

 

鶴ヶ坂駅

     

1閉S→P
上出外P→S

3閉P→S
1閉S→P

 

津軽新城駅

     
(標識無) (標識無)  

新青森駅

     
1閉S→P 滝内場内P→S  

滝内信号所

     

(標識無)

(標識無)

 

青森駅

     

凡例

  • ○閉:第○閉塞信号機位置
  • 上、下:上り線、下り線
  • 場、出:場内信号機、出発信号機位置
  • 裏:当該信号機裏側
  • 外:当該信号機内方(奥側)
  • ×:使用停止中(調査時)

以上のように調査日現在では、上り線が青森駅-新青森駅間上り第1閉塞〜大釈迦駅-浪岡駅間上り第3閉塞まで、下り線が浪岡駅-大釈迦駅間下り第1閉塞〜青森駅下り第1場内(滝内信号所場内)までで、それぞれATS-Pが稼働している。

 

(以下はGV-E400系での事例)

ATS-PsからATS-Pに切り替わる場合、運転台の「ATS電源」灯が消灯、チンベルと共に統合型表示器の「ATS-P」灯が点灯する。減速パターンが発生してもPsのように音声メッセージ等は流れない。

ATS-PからATS-Psに切り替わる場合、チンベルと共に「ATS-P」灯が消灯し、「ATS電源」灯が点灯する。この時、独立のATS-P・ATS-Psを搭載する車両のようにATS-Snのロングベル・チャイムは鳴動しない。減速パターンが発生する場合は、従来通り音声メッセージが流れる1

秋田総合車両センター南秋田センター(旧秋田車両センター)所属の701系0番台・100番台にも徐々に統合型ATSが搭載され始めているが、今回乗車できたN25編成ではATS-Pが開放状態であった(他の情報からも、701系は全車開放状態である可能性が高い)ため確認できなかった。

 

弘前駅 – 川部駅の手前間及び滝内信号所 – 青森駅間ではATS-Pが整備されていないが、これは元々弘前駅及び青森駅では以前よりATS-Psが整備されており、あえてATS-Pを整備する意味がないからであろう。このことはJR東日本の会社要覧からも読み取れる。

今回調べられた情報は以上である。弘前駅以南でもATS-P整備が進行しているようなので、次回弘前周辺へ行った際は南の区間も調査してみたいと思う。

脚注

  1. GV-E400系は密閉式運転台のため音声はよく聞き取れなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA