中古のPalm m505を修理して、アプリケーションをインストールするまでの話

初代iPhone1が登場する10年以上前、Appleは「Newton」という世界初の携帯情報端末(Personal Digital Assistant; PDA)を発売しました。これは大型のタッチスクリーンを持ち、表示されるキーボードにタッチしたり、あるいはスタイラスペンで文字を描くことで文字を入力できる、手で持てる大きさで(しかしズボンやスーツのポケットに入れるにはやや大きすぎた)、当時としてはとても画期的なものでした。

これに対して、Palm社は1997年にPalm Pilot2を発売。大きさもポケットに入れられる程に小さくなり、より実用性が増しました。

私もそのPalmシリーズの1台である「Palm Ⅲ」を持っているのですが、こちらは英語仕様。別途J-OSという日本語OSを入れることで日本語化できますが、メインメモリが揮発メモリなため電池が切れるとメモリが全て初期化される(=英語に戻る)、そもそもPCに接続するためのクレードルを持っていない、ということで完全に持て余しておりました。

Palm Ⅲ

なにか良いものがないかと通販サイトをさまよっていると、画面の反応しない日本仕様のPalm m5053を発見。これを修理して使えるようにしようと購入、修理してみました。

続きを読む